1月の蟹座フォローアップ「デリケート・チャンス」
見出し画像

1月の蟹座フォローアップ「デリケート・チャンス」

しいたけ占いのしいたけ.

1月も半ばを過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

もうおそらく、多くの人の気持ちの中に「新年」という感覚はないか、相当程度薄れてきている空気があると思います。お正月が始まった新年というのは、やはり2020年以前まではもうちょっと「ぼーっ」とできることも多かった気がします。でも、今は色々な「日常」に立ち向かっていかなきゃいけない。だから、精神的な緊張感がすでに高い人もいらっしゃると思います。

今回、12星座の1月のフォローアップを書いていてすごく感じたことは、各自、「整理整頓の準備が大がかりに始まっていく」ことでした。どういうことなのかというと、2022年という年は、これまでの「停滞」と「動けない」と「離れ離れ」の状態が順次、解消されていく。これまで、「離れていたからこそ、この話が全然進まなかった」みたいなことが多くありました。だから、「各々が勝手にやるしかなかった」みたいな状態から、もう一度、「ルール」とか「協力」とか、「あなたにはこうして欲しい。私はこれを頑張るから」みたいに、そういう「再出発のための、体制の見直し」みたいなことが多く起きてくる。

その始まりがこの1月にすでにあり、要は、「面倒くさいと思う問題ほど、表に出していっちゃった方が良い」みたいなことがありました。詳しい内容は以下の本文をお読みいただけましたら。

今回蟹座のフォローアップとして取り上げたいのが

「デリケート・チャンス」

についてなのです。

まず、この1月から2月にかけての蟹座はすごい特殊な態度を取っていて、それは

「勝負に賭けるスイッチは入れているが、短気は起こさず、じっくりやっていく」

みたいな、少し“手練れ”とか“熟練者”みたいなやり方を取っていくのです。

この続きをみるには

この続き: 889文字
記事を購入する

1月の蟹座フォローアップ「デリケート・チャンス」

しいたけ占いのしいたけ.

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しいたけ占いのしいたけ.

いつもサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。ここは僕にとって大切な居場所のひとつでもあるので、皆さんに遊びに来てもらえることが心から嬉しいです。

ありがとうございます!エアーお寿司を二貫あげます。
しいたけ占いのしいたけ.
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週刊・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著に『しいたけ.のやさしいお守りBOOK』『しいたけ.の小さな開運BOOK』など。お仕事の依頼は下のほうにある専用フォームからお願いします。