見出し画像

親に八つ当たりしてしまう

今回のご相談が、ごめんなさい。ちょっとかわいかったんです。

「自分でも本当にくだらないなと思うのですが」と前置きがあるのですが、好きなアニメのキャラクターのぬいぐるみが欲しいと言い、この方は学校があったので(高校三年生)お母さんに頼んで買ってきてもらったそうなのです。

でも、どうやらお母さんは欲しかったものとは違うものを買ってきてしまったらしくて、「これじゃない」と言うと、お母さんがまた行って買ってきてくれると言ってくれたそうなのです。でも、そこでなぜか変なプライド?が出てしまって、「もういい」と言ってしまったと。わかります。言っちゃうことありますよね。

小さい頃から「天邪鬼」になって、自分の中の変な意地が邪魔して物事がスムーズにいかなくなってしまう。「どうしたらこんなことがなくなるのか教えて下さると幸いです」というご相談でした。

今回のお手紙から取り上げたいのが「親に八つ当たりしてしまう」の話なのです。

ちょっとですね、変な話から聞いてもらいたいのですが、僕は大人になってから(恥ずかしいから何歳でそう思ったかは言いません)知ったことがあって、それは誰かが「もういい!」と言う台詞は、実は「良くない」という意味を持つことなのです。

というのは、「もういい!」という台詞は、ある程度相手に甘えられる関係、相手と自分が親密な関係の時に出てくる台詞です。

それで、相手が「もういい!」と言った時に、「よし、良かった。収まったみたいだ。じゃあゲームでもやろう」みたいになると、その後大変なことになったりする。

この続きをみるには

この続き: 1,352文字
記事を購入する

親に八つ当たりしてしまう

しいたけ占いのしいたけ.

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しいたけ占いのしいたけ.

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!適度に休憩を入れてくださいね。
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週間・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著には『しいたけ.の小さな開運BOOK』『しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢』などがあります。