自分の口から言葉を出す大切さについて
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

自分の口から言葉を出す大切さについて

しいたけ占いのしいたけ.

皆さんは人前で話すことが得意だったりしますか?

人前で話すといっても色々な形態があって、たとえばみんなの前でプレゼンをするのもそうだし、会議の時に「あのー、私の意見も言ってよろしいでしょうか?」と発言するのもそうだし、あと、仲間内で集まっている時に「私行ってみたいお店があるんだけど」と口火を切るのもそうです。

人前で何かを発言するということは、その場の空気を変える可能性が常にあります。

たとえば、「私、行ってみたいお店があるんだけど」という発言も、その後に「なんかね、おいしいハンバーガーの店が近くにあるみたいなの」と言ったら、「実はサバ味噌煮定食が食べたかった」人の空気を多少壊す可能性も出てくる。

言葉や発言は、常にその場の空気を変えていく力を持つ。

それで、今のこの2020年という年の占いをしばらくやってきて、「言葉によって空気を壊すことの大切さ」って実はすごく大きくあるんじゃないかと考えたのです。

というのは、今年はやっぱり多くの人が、従来のように「人に会わない生活」を続けてきている。自分一人でやって、自分一人で処理をしていく。それってやっぱり歴史的に見てもすごいことなわけでしょう?

それでなんかね、変なことを言いますよ。衝突とか、反論とか、「え、ハンバーガー?サバ味噌煮定食でしょう?」とか、コミュニケーションで発生していたそういう一連の出来事がすごく懐かしいと思ってしまったのです。

コミュニケーションって

「自分がやりたいことを、そのままスムーズにできない」

この続きをみるには

この続き: 1,649文字
記事を購入する

自分の口から言葉を出す大切さについて

しいたけ占いのしいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しいたけ占いのしいたけ.

いつもサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。ここは僕にとって大切な居場所のひとつでもあるので、皆さんに遊びに来てもらえることが心から嬉しいです。

ありがとうございます。筋トレが続きません。
しいたけ占いのしいたけ.
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週刊・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著に『しいたけ.のやさしいお守りBOOK』『しいたけ.の小さな開運BOOK』など。お仕事の依頼は下のほうにある専用フォームからお願いします。