見出し画像

救いようがないという状態

今回のお手紙から取り上げたいのが「救いようがないという状態」の話なのです。

僕が占いを仕事にしたいと思った理由のひとつが、「他人には話せない話を、どこかで出せる場所がないから」だったのです。ほら、どの人も他人にも友達にも言っていないけど、実は家族に問題があるとか、仕事が上手くいかないとか、どうしても使っちゃいけないお金を使ってしまうとか、あとは、どうやっても運に見放されてしまうとか、そういう話の一つや二つはどの人も持っていました。

実際に、僕が占いという仕事をやってみて、いわゆる「他の人には話していない不幸な話」というのは、その後なんとかなったお客さんもいらっしゃったり、おそらく、まだ継続して苦しんでいるお客さんもいらっしゃると思います。僕自身は、今は個人鑑定をやっていないのですが、もし今執筆の仕事などもしていなくて、個人鑑定の仕事を継続していたとしても、昔みたいに一日4件とか受け持つのは難しいかも知れません。

ただ、占いをやってきた経験から、人は不幸に対して全くの無力なわけではないとは感じてきました。たとえば、家族関係が悪くて、自分の仕事も上手くいかなくて、恋愛もなかなか成就しない。そういう状態に陥ったらすごく悩んでしまうこともあると思います。

でも僕は、人は不幸に対して全くの無力なわけではないと考えています。

不幸とか、救いのない状態から抜け出す方法。

この続きをみるには

この続き: 1,771文字
記事を購入する

救いようがないという状態

しいたけ.

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!適度に休憩を入れてくださいね。
350
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週間・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著には『しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢』、『anan特別編集 しいたけ.カラー心理学 2020』などがあります。

こちらでもピックアップされています

【しいたけ.サロン】お手紙・お悩み相談
【しいたけ.サロン】お手紙・お悩み相談
  • ¥300 / 月

しいたけ.サロン、月額制のお手紙マガジン。読者の皆さまからお手紙形式で頂いたお悩みやリクエストをもとに、しいたけ.がお返事をコラム形式で、月4回ほどお答えしていきます。お届け悩み相談だけではなく、世の中の時勢に関する質問や、しいたけ.個人に対する質問、カラーの質問など幅広いお手紙を募集します。