見出し画像

カーテン診断続編〜ベージュのカーテンと白いカーテン(白地、レース、陽の光が感じられるので白という人)〜

前回から続いているカーテン診断の続きです。今回は白いカーテンについて取り上げたいと思います。

カーテンって自分がいる部屋という内側の世界と、窓の外という外の世界を隔てる境界線のアイテムです。

そのアイテムを見ることで、その人がどういうことを幸せに感じて、外の世界に対してどういう気持ちで生きようとしているかを診断する。結構大げさに聞こえるようですが、カーテンってそれだけ大きな意味を持っています。

もっとわかりやすく言うと、カーテンって「その人のスッピン」を見る道具です。


■ ベージュのカーテン

たとえばの話で、ベージュなどの淡い自然色をカーテンに選んでいる人って「他人と会っている時はかなり意識して気をつかって頑張るけど、自分の家に帰ったら誰にも気を遣わないで“無”になる時間」を強く必要とするような人でもあります。

この続きをみるには

この続き:2,710文字
記事を購入する

カーテン診断続編〜ベージュのカーテンと白いカーテン(白地、レース、陽の光が感じられるので白という人)〜

しいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。ただ、もし良かったらそのお金で身近な人にプレゼントしたり一杯おごってあげてもらえたら僕は充分幸せです。

今日は何色の気分ですか?インスピレーションで今日のテーマカラーを。
72
しいたけ. 占い師、作家です。