見出し画像

背負い過ぎてしまっている人へ

今回のお手紙から取り上げたいのが「背負い過ぎてしまっている人」の話なのです。

ここで言う「背負い過ぎてしまっている人」の話は、僕の感覚では「自分の人生の中で、『良い報告をしなくては』というプレッシャーを背負い過ぎていたり、成長し、乗り越える自分でいなければいけない」と感じ過ぎてしまっている人についてなのです。

どうやって肩の力を緩めて、まぁまぁ良い成果を収めていくことができるか。それを今回は是非書きたいと思います。

ちょっと自分語りになってしまって、不快に思われたら申し訳ないのですが、僕は自分で言うのもなんですがけっこうな仕事量をこなしていると思うのです。いや、ごめんなさい。「俺自慢」です。

で、「なんでそこまでできるのか?」をこの前考えてみたのですが、それは

「いつでもバイトに戻れる気持ちがあるから」

だと思うのです。

この続きをみるには

この続き: 1,337文字
記事を購入する

背負い過ぎてしまっている人へ

しいたけ.

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。最近黒酢が好きです。
187
しいたけ. 占い師、作家です。