見出し画像

12月の双子座フォローアップ「私は2020年をやりきった」

12月も半ばを過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今年一年を振り返った時に、やっぱり色々な思いがあるし、まだまだまとめきれないところもあるのです。でも、僕個人の話で言えば、「楽しいってなんだろう」と考えました。

少し前なのですが、念願のキャンプに行ってきたんですよ。キャンプと言っても初心者なのでテント泊ではなくコテージがあるところで、寝床もありました。でも、薪を割ったり、バーベキューをしたり、窯でピザを焼いたりとか、空気も綺麗ですごく楽しかったです。

「楽しい」って、ジェットコースターに並んで、ようやく自分の番が回ってきた時や、ライブに行ってガヤガヤまだみんなが喋っている中でステージの方が暗転して「出てくるぞ」と思った瞬間とか、久しぶりに人と会って相手が思ったよりも元気そうだという顔を見て「さぁ、何を話そう」と思った瞬間とか。

つまり、楽しいって「始まるまで何が起こるかわからない」という、あの始まる前の一瞬の間の中にあるものだよなと思ったのです。「あー、くるぞくるぞ。キター」みたいな、何かが目の前で爆発していく前の一瞬の間。

それで、今年って、色々な「予測」が出たじゃないですか。毎日に予測情報が出た。だから、削られた人が多かったと思います。「予測」って、「楽しい」の反対にあるものだから。楽しみにしていた旅があったとして、行く前から「夕飯の献立」が送られてきたら、やっぱりちょっと楽しみは減ってしまう。

だから、「毎日のなんらかの予測」から離れて、楽しみを少しずつやっていくのは大事なんじゃないかと思いました。

他人となぜ会いたいのか。それは、他人は家族と違って「予測がつかない」ところがあるからなんじゃないか。楽しいは、予測がつかない小さな喜びや驚きの発見だから。だから、ちょっとした散歩でも良いし、街の灯りでも良いし、気をつけながらもぷらっと出掛けて発見していくのって、大事です。

前置きが長くなってしまいましたが、今回双子座のフォローアップとして取り上げたいのが

「私は2020年をやりきった」

についてなのです。

12月の残りの日々と、2021年の双子座の始まりを占ったのですが、一番初めに出てきた感覚が「もう私は2020年をやりきった」というものだったのです。

ここから先は

971字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。