見出し画像

家に帰って何もする気が起こらない疲れについて

僕の友達で、今はもう治まったみたいなのですが、仕事が終わって家に帰ってくるとずーっと「不動産の物件情報」を見ちゃう人が数人いるのです。実際にその人は引っ越しを何回かしているし、そして、下手をすると「引っ越しした直後」ぐらいにもう次の物件情報を見ている場合もある。

その話をお茶かなんか一緒に飲んでいる時に聞いて、「それって離人感なんじゃないか」と思ったのです。つまり、自分が自分に対して「あれ、自分は誰だ?」と感じてしまうことです。

「離人感」というのを説明すると、「今の自分」というのは、色々な立場とか、交友関係とか、住んでいるところとか、そういうものがありますよね。住所、氏名、年齢なんかもそうです。そうした、「自分の根本になるような色々な状況」に対して全然しっくりこない感覚が「離人感」というものだったりします。

この「離人感」というのは、外の世界に出て「気を遣い過ぎている人」が覚えやすいとされていて、その人のことを外側から見ると

・笑顔がちゃんとできていて
・気を遣えて、頭も良くて
・相槌なんかもすごく取ってくれて
・他人の話を良く聞いてくれる

そうなんです。すごく「良い人」なんです。おまけに賢い。おまけに、この人に会うと、リラックスもできたりする。

この続きをみるには

この続き: 1,153文字
記事を購入する

家に帰って何もする気が起こらない疲れについて

しいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。最近黒酢が好きです。
421
しいたけ. 占い師、作家です。

この記事が入っているマガジン

【しいたけ.サロン】 コラム
【しいたけ.サロン】 コラム
  • ¥500 / 月

しいたけ.による、毎週1回、月4回更新のコラムマガジンです。しいたけ.が書きたかったこと、構想を温めてきたことを書いていきます。