見出し画像

1月の牡羊座フォローアップ「見守るモード」

1月も半ばを過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

もうおそらく、多くの人の気持ちの中に「新年」という感覚はないか、相当程度薄れてきている空気があると思います。お正月が始まった新年というのは、やはり2020年以前まではもうちょっと「ぼーっ」とできることも多かった気がします。でも、今は色々な「日常」に立ち向かっていかなきゃいけない。だから、精神的な緊張感がすでに高い人もいらっしゃると思います。

今回、12星座の1月のフォローアップを書いていてすごく感じたことは、各自、「整理整頓の準備が大がかりに始まっていく」ことでした。どういうことなのかというと、2022年という年は、これまでの「停滞」と「動けない」と「離れ離れ」の状態が順次、解消されていく。これまで、「離れていたからこそ、この話が全然進まなかった」みたいなことが多くありました。だから、「各々が勝手にやるしかなかった」みたいな状態から、もう一度、「ルール」とか「協力」とか、「あなたにはこうして欲しい。私はこれを頑張るから」みたいに、そういう「再出発のための、体制の見直し」みたいなことが多く起きてくる。

その始まりがこの1月にすでにあり、要は、「面倒くさいと思う問題ほど、表に出していっちゃった方が良い」みたいなことがありました。詳しい内容は以下の本文をお読みいただけましたら。

今回牡羊座のフォローアップとして取り上げたいのが

「見守るモード」

についてなのです。

まず、イメージとしての牡羊座には“開拓者”としての一面があります。「自分が前に出て、前に出てバリバリやっていく」みたいな気質があったりする。

でも、一方で、あなたは「誰かをバックアップする」とか「応援する」とか、そうやって“見守る力”なんかについても、とても強くあったりするのです。

ここから先は

919字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。