見出し画像

11月の牡牛座フォローアップ「やっぱり怒涛の区切りの時期」

11月も半ばを過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今回も各星座を見ていったのですが、どの星座も着実に「次」への準備をしているイメージがあります。ほら、毎年この時期って「もうすぐ今年も終わりだな」とか「忘年会はどうしよう」とか「クリスマスシーズンが始まっていくな」とか、そういうことを思うわけじゃないですか。もちろん、今年もそういうことをのんびりと思ったりはするんだけど、「次に向かって、今の自分の色々な動きを整理していく動き」についても、いつも以上に強くやっていく動きがあります。

「未来の計画」とか「未来のための取捨選択」をしていく時というのは、ある程度、「自分の願い」をワガママでも優先していかなければいけない部分が出てきます。この11月後半から12月にかけては「私がやりたいことはこういうことです」と、周りに向かって宣言していかなければいけない時でもあります。普段よりも少しだけ「自分優先」であったり、「利己的」にならなきゃいけなかったりもする。「私はこうしたい。あなたはこうしたい。では、協力し合おう」など、言葉と言葉の約束や契約なども大事になってくる時期になってくるから。

「面倒臭い」とか「できるかな」と感じてしまうことは出てくるかも知れないけど、ゆっくりとリフレッシュをする時間や楽しい年末への時間を迎えるために、やるべきことはやっていっちゃう。避けられない道は「やってやるぜ!」と言って、正面からぶつかっていってしまって。面倒くさいことから先に片付けていくことも大事になりそうです。

今回牡牛座のフォローアップとして取り上げたいのが

「やっぱり怒涛の区切りの時期」

についてなのです。

11月から12月、そして、早い話で来年の2023年にかけての牡牛座もやはり大きな区切りの時期の中にいます。自分が関わる色々な分野に対して、「流れが変わっていくな」と感じるような、そして、その流れを神妙に受け止めていくような、そうした時間の流れが続いていきます。

ここから先は

1,077字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。