見出し画像

「よし、もう慣れた」と言う重要性

このような事態の時にすごいくだらない話の始まり方で恐縮なのですが、僕は20代の後半から30代の前半ぐらいまで、すごいお金がない生活をしていました。

特に、バイトをしながらご飯を食べていた頃、休日の楽しみが「ひとり成功者インタビュー」だったのです。

このnoteのコラムでも書いたことがあると思うのですが、僕は今ではもうあんまりやらないのですが、人生の中で孤独にひとりで色々な準備を重ねていた頃に「ひとり密着ドキュメンタリー番組」をよくやっていました。

バイトが終わった深夜2時半過ぎ、自転車で家に帰る途中に「今日も大変でしたね。今日はどうでした?」と架空のインタビュワーに尋ねられて、「あー、今日はいつもよりもチャーハンがよく出たね。腕がパンパンだよ」とか答えていました。お巡りさんからよく職務質問を受けていました。

すごいくだらないことを書いてしまったのですが、僕は多分、当時「ひとり密着ドキュメンタリー番組」をやっていた理由は、無意識に「孤独から自分の心を守るため」でもあったと思います。

20代の頃の僕は、多分、色々な人に「なんでそんなことやっているの?」と近況を話したら怒られる生活をやっていたと思います。「笑っていいとも!のレギュラー変わったね!」とか話しかけても、「もっと将来に備えろ」とか言われて怒られていました。だから、他人に話せないことや、今後の自分がやりたいことなどを、ひたすら「密着ドキュメンタリー番組」に話していました。

でもですね、その方法で生み出した思わぬ副産物もあって、ひとり密着ドキュメンタリー番組を続けていくと、「この場所から、自分が何に頑張らなければいけないか」がけっこう客観的にわかったりしたのです。

たとえば、今の自分が失敗をしてしまったり、気持ちが凹んでいるとします。

この続きをみるには

この続き: 1,264文字
記事を購入する

「よし、もう慣れた」と言う重要性

しいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!適度に休憩を入れてくださいね。
482
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週間・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著には『しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢』、『anan特別編集 しいたけ.カラー心理学 2020』などがあります。

こちらでもピックアップされています

【しいたけ.サロン】コラム
【しいたけ.サロン】コラム
  • ¥500 / 月

しいたけ.による、毎週1回、月4回更新のコラムマガジンです。しいたけ.が書きたかったこと、構想を温めてきたことを書いていきます。