見出し画像

少し怖い話

夏なので僕が体験したちょっとだけ怖い話を聞いて下さい。

結構昔の話になるのですが、自宅から仕事場である事務所まで自転車で通っていたことがあったのです。ただ、自転車のルートが結構車や人の往来が激しい大通りだったのです。なので、事務所への行き返りの際、「今日はこのルートを試してみよう」とか「今日はこっちの裏道を行ってみよう」とか、車や人通りの少ないルートを探すのが半分趣味みたいになっていったのです。

ある日、試行錯誤の末にやっと事務所までの最短の理想の裏道ルートを探し当てて、自分だけの宝物を探し当てた小学生のように誇らしかったのです。別にこんなことは誰にも自慢できなかったけど、「車も全然いないし、少しレトロな街並みになるし、こんなルートを見つけてすごいなぁ」と自画自賛して、事務所まで通っていました。

僕が新しく発見したルートは住宅街の隙間を辿るみたいなところで、緑も多く、とても素晴らしいところでした。

ある日、いつものように上機嫌で事務所に向かって自転車を走らせていると、ちょっとだけ体に違和感を覚えたのです。

体に感じた違和感

なんか知らないけど虚脱感を覚える。

新しいルートを通って事務所についた後も、そのルートを通って自宅に帰った後も、その虚脱感は覚えました。

僕は自分の仕事柄、「特に理由はないけど、体に違和感を覚えること」に対して少し注意を払っています。たとえば、あるお店に入った時に「別に怒る必要もないし、怒るような理由が見つからないんだけど、何か少しだけモヤっとした」とかですね。

その時は、特に仕事やプライベートなどで特に大変なことがなかったのに、妙な虚脱感があったのです。

理由や原因のない虚脱感。

普通、虚脱感というのは色々なことが重なって、「あー、もうどうでもいいや」と思って投げ出しちゃうとか、自暴自棄になる前の感覚であったりするじゃないですか。

「まぁ、何かあったのかな。自分でも気づかないような、ガッカリしたことが」

と思いながら、日々新しく開拓した新ルートを通って事務所に通っていました。

この続きをみるには

この続き: 1,687文字
記事を購入する

少し怖い話

しいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。最近黒酢が好きです。
328
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週間・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著には『しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢』、『anan特別編集 しいたけ.カラー心理学 2020』などがあります。

こちらでもピックアップされています

【しいたけ.サロン】コラム
【しいたけ.サロン】コラム
  • ¥500 / 月

しいたけ.による、毎週1回、月4回更新のコラムマガジンです。しいたけ.が書きたかったこと、構想を温めてきたことを書いていきます。