見出し画像

実力で勝ち取った権利をとやかく言われる

今回お手紙を下さった相談者の方は、とある会社の新規プロジェクトに応募し、他の社員より2倍近く高い給与を交渉し、見事内定を貰ったそうです。

しかし、働いているうちに会社の人たちから「赤字なのに」「長く働いている社員でも年収はかなり低い」「社員に還元できていないから、利益を出さないと」などと繰り返し言われ、私の給料が高すぎると言いたいのか?と感じてきているそうなのです。

自分で交渉した給料だけど、「会社からは給料に見合わないと思われているのか?」とぼんやり悩んでいるというご相談です。

これね、本当に「呪いの話」なんですよ。実力で勝ち取り、本人もすごくリスクを背負っている話なのに、とやかく言われる。こういう呪いの話は僕のすごく得意とする分野なので、ちょっと話を聞いて下さい。

僕自身の話になってしまうのですが、僕は過去に占いの個人鑑定をメインの仕事にしていて、一日に3人から4人ぐらいの人を占ってきたんです。それで、段々と口コミでお客さんが増えていって、今度は書く仕事を依頼されてきて、占いを始めて6年目ぐらいの時に今のしいたけ占いの連載が始まりました。その後にテレビのお話とか、メディアのお話も頂くようになった時に、いわゆる「メディア対策」をしなければいけない感じになりました。

今までだったら「目の前のお客さんに対して一生懸命」というか、技術を磨いて、期待に応えていれば良かったんですけど、メディアとかのお仕事になると、今度は「今までのお客さんや知人のように、密に繋がってきた人じゃなくて、自分を知らない人がいる場所にも露出をしていかなければいけない」という話になってきました。

そこからなんです。

やっぱり、かなり強引なアドバイスや周りからの呪いが増えてきました。笑

ここから先は

1,548字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。