見出し画像

2月の蠍座の運勢

2月前半

2月前半の蠍座は「飽きる効用」を表す黄色が出ていました。

「飽きっぽい」という言葉はかなりネガティブな意味で使われるのですが、実は「飽きる」というのはすごく良い効果もあるのです。

特に、2020年の蠍座は「今までだったら『ここからもっと頑張りたい』と思い、粘り強く取り組もうと考えるのではなくて、打ち切るものは打ち切って早く次のことをやっていきたい」と、フットワークの軽さがかなり出てきてくれます。

それも「飽きやすい状態にある」というものの効用だし、あと、あなた自身が「そろそろ落ち込んでいるの飽きたな」とか考えられて、前に進んでいくこともできるのです。

この時期のあなたは「何をしているのかよくわからない人」になるのが良かったりします。

それも良い意味で

「私といったらこれ!」

と決めつけずに、慣れていない分野に対しても助っ人になったり、いつもと違う景色を見たくなってきているのです。

この続きをみるには

この続き:1,576文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ひとつの星座を購読すると500円ですが、気になる方の星座など、2つ以上読みたい方には、12星座すべて980円で読めるこのマガジンがおすすめです。

しいたけ.による、月一更新マガジンを、12星座ぶん読めるパックです。各星座の、毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォ...

しいたけ.による、さそり座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細く占いも読め...

または、記事単体で購入する

2月の蠍座の運勢

しいたけ.

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。ただ、もし良かったらそのお金で身近な人にプレゼントしたり一杯おごってあげてもらえたら僕は充分幸せです。

「小さな喜びの発見」をいちいち口に出してみましょう!
147
しいたけ. 占い師、作家です。