見出し画像

3月の乙女座フォローアップ「新体制になり、新しい物語を作っていく」

3月も半ばを過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

毎年、少し不思議に思うことがあります。

いわゆる、「新年の始まり」みたいなものって、大きく二つあるじゃないですか。それは、いわゆる、一月一日の元旦と、四月からの新学期や新年度の始まりのことです。

元旦の始まりについては、まだ全然、外は寒いし、季節は冬だし、「去年一年、色々あって疲れたね」など、気持ちの中で、「新年への想い」を野心として温めているような印象があったりします。

でも、四月の新学期や新年度って、外の気候も段々と暖かくなってきているし、なんなら、少し先の「夏」のシーズンまでも見えてきたりするじゃないですか。充分に体も温まってきたような感じもあるし、「今年、何してやろうか!」と、元旦の時よりも体を伴う感じで、元気よく考えていくこともできたりします。

この時期、どうしても花粉が飛び交うので、憂鬱な気持ちになってしまうことも多くなったりはします。

でも、もしできたら、美しい海の風景や、緑の濃さが増していく木々などを思い描いてみて、「暑くなる前に、爽やかな気候のうちにやりたいこと」などを思い描いてみてくださいね。

今回乙女座のフォローアップとして取り上げたいのが

「新体制になり、新しい物語を作っていく」

についてなのです。

3月後半から4月にかけての乙女座なのですが、大きなキーワードとして「新体制」というものが出てきたりするのです。

ここから先は

1,000字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。