見出し画像

6月の蟹座フォローアップ「改革者としての役割」

6月も半ばを過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今回はこういう話をしたいのですが、昔、占いを勉強し始めた時にすごく自分の運勢を見ていたのです。やっぱりそれは自分の占いの勉強もかねて、特に悪いことがあったりすると「どうすればよいのか」とか「この流れはいつまで続くのか」とか、そういうことを占ってみていました。ただ、面白いことに、しつこく見ようとすればするほど、あんまり良い占い結果は出ない。占い結果を見て落ち込んで、でもまた次の日に「流れが変わったかも知れない」と思って見る。あんまり良くない。それを繰り返していくうちに、「見ること」に飽きるのです。それで、見なくなってみると、いつの間にか自分の流れが変わっている。

運の流れが変わってくる時、何かを見ていくことに飽きる。

これってやっぱりけっこう大事なタイミングの切り替えのサインだと思います。

「飽きる」って大事なことだし、「目を輝かせて接していないこと」に気づいたとき、そこから距離を取る。

それで、この6月から7月にかけてのタイミングは、多くの人が「何かに飽きて、それぞれの自分の新しい動きを始めていこう」というものになっていました。だから、衝動というか、急な誘いに乗っちゃうことがとても大事になってくると思います。

急に夏らしい気候になり、体調管理も大事になってきますが、できる範囲で遊びとか気晴らしも取り入れてみて、ゆっくりとやってみて下さい。

今回蟹座のフォローアップとして取り上げたいのが

「改革者としての役割」

についてなのです。

人間って、自分が意識している以外でなんとなく「体内のリズム」みたいなものがあったりします。

たとえば、春先とか夏の近くになると、なんとなく気持ちがソワソワしてくるようなことがあったりして、あれも「陽気が変わった」みたいなことと連動し、「冬とか寒い頃にリズムが終わる」みたいな入れ替わりがあったりします。

ここから先は

784字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。