他人がいないと自分探しはできない
見出し画像

他人がいないと自分探しはできない

毎週の占いを書いててすごく思ったことがあって、それはタイトルにもあるように「自分探しはひとりではできない」というものなのです。まず、少し、「自分探し」についてから話させて下さい。

・自分とは何か
・自分は何者になっていくのか
・もっと良いパフォーマンスを上げられる環境はないのか
・自分は誰が好きか
・どういう人が苦手か
・自分が生まれた地域に留まっているべきなのか
・そろそろ、自分が知らない世界を体験した方が良いんじゃないか

これらの項目って、広い意味で全部「自分探し」に入ってくるものです。

そして、2019年までの「自分探し」って、そう、世界がコロナの状況の中に入る前の世界における「自分探し」というのは、「喧騒から離れ、忙しい毎日から離れ、付き合いのある集団から離れて、ひとりの時間を持って自分を見つめ直す」という文脈として語られていたと思うのです。

ちょっと今回は固い話になってしまうかも知れないのですが、どうして「自分探し」にひとりの時間が必要なのかというと、それは、物心がついたぐらいで、人は「機能」とか「役割」とか、もっと嫌な言い方をすると「歯車としての自分」を受け入れていかなきゃいけない部分が出てくるから。

これって無機質で残酷なだけの話ではなくて、「○○ちゃんはよく気がついてすごいね」と誰かから言われた部分を、自分の長所とか性格として迎え入れていくための、大事な儀式であったりもする。

でも同時に、「機能」、「役割、「歯車」、「立場」としての自分を演じ続けていくうちに、何かが疲弊してくる。オフィス街にいる時の自分と、南の島にいる時の自分の「どっちが本物なんだろう?」という疑問も出てくる。

この続きをみるには

この続き: 1,428文字
記事を購入する

他人がいないと自分探しはできない

しいたけ占いのしいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しいたけ占いのしいたけ.

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。最近の僕は、町中華にハマっています。
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週刊・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著に『しいたけ.の小さな開運BOOK』『しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢』など。お仕事の依頼は専用フォームからお願いします。