見出し画像

苦手なことをやろうとしている12星座

個人の鑑定でも、執筆でも、占いをやっていると「あ、これはターニングポイントかな」と感じる瞬間があったりします。

たとえば、個人の占いをしていた時に感じたターニングポイントが「その人らしからぬことを言い始めたタイミング」です。普段優しい人が「いや、なんか今回だけは悔しいんですよね」と言い始めたりする。つまり、いつもの自分のパターンで処理したり、流したりしないで、「向き合わざるを得ない。いや、むしろ腹立つからちゃんと向き合いたい」と感じて、対応の仕方を変えていくパターンがあったりする。

ターニングポイントは個人の人生に色々な形を持って現れます。

繰り返しになるのですが、今、占いをやっていて、この社会に住む全員にひとつの大切なターニングポイントが現われている気がしてならないのです。

どういうところにターニングポイントが出ているかというと、「ある特別の種類の疲れ」が出ている時なのです。ちょっとここを詳しく説明させて下さい。

普段、一週間ごとに12星座の占いをやっていると、12個も個性があったり、バイオリズムがあるわけだから、各自の動きはバラバラであるのが当たり前なのです。たとえば、牡羊座に元気がある時に、魚座はちょっと「うーん、うーん」と言っていたり。翌週になると今度は魚座が元気になったり。

ただ、先月の8月の運勢を見ていった時に、12星座すべてが「ある特別な種類の疲れ」を抱えていたのです。

この続きをみるには

この続き: 2,580文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
しいたけ.による、毎週1回、月4回更新のコラムマガジンです。月額500円、単品では150円です。しいたけ.が書きたかったこと、構想を温めてきたことを書いていきます。

しいたけ.による、毎週1回、月4回更新のコラムマガジンです。しいたけ.が書きたかったこと、構想を温めてきたことを書いていきます。

または、記事単体で購入する

苦手なことをやろうとしている12星座

しいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。最近は辛い物を食べてストレス発散しています。
546
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週間・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著には『しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢』、『anan特別編集 しいたけ.カラー心理学 2020』などがあります。

こちらでもピックアップされています

【しいたけ.サロン】 コラム
【しいたけ.サロン】 コラム
  • ¥500 / 月

しいたけ.による、毎週1回、月4回更新のコラムマガジンです。しいたけ.が書きたかったこと、構想を温めてきたことを書いていきます。