見出し画像

仕事で自己実現していくための最初の大事なステップ

自分で仕事をしてきてずっと考えてきたことがあって、それは、「仕事は自分の自己実現になるのか」なのです。これは本当、今でも個人的な問題として考え続けています。

こういう話を論じる際にはまず、言葉の定義をしなければいけないと思います。

世の中には色々な「仕事」に対する定義があるのでしょうが、僕が考える「仕事」の定義は

「誰かから頼まれて、それで、時間と労力をかけて求められるものを出し、金銭などの報酬を頂くこと」

になります。

もちろん、これはかなり限定された「仕事」というものに対する定義だし、もっと違う定義のやり方があるのはわかっています。「バンクシーはどうなの?」と言われても、バンクシーをこの「仕事」の定義でくくるのは無理だと思います。

そしてもうひとつ、「自己実現」の定義なのですが、これもなかなか難しい。

というのは、「自己実現」というのは、「自己実現されていない時に明確に感じるもの」だったりするからなのです。たとえば、「あー、こんなことやっている場合じゃないよな」と感じる時があったり、不得意なことを延々とやっている状態が続いたり、本来目立ちたい人がずっと裏方をやっていたりとか。そういう時、「私、何やってるんだろう」と帰り道に考えてしまうことが「自己実現されていない状態」だったりしますよね。

自己実現について真面目に考えると本当に難しいのです。

でも、今は「自己実現」の定義を「自分のやりたいことをやって、そして、ある程度その活動に自分なりに気持ち良さとか、やりがいとか、適性があることも感じて、自分なりに今手掛けていることを大事にしていきたい、みたいに思える気持ちになること」にしたいです。

あとは、仕事でもプライベートでも、思わず「やった!」とガッツポーズしたくなるような「苦労してきた甲斐があった!」とか「ここまで続けてきて良かった!」と思えるような、そういう歓喜とか「ジーンとくる」みたいな瞬間も、自己実現の瞬間とも言えます。

では、「自分の仕事」という分野で、どうやって自己実現をしていくのか。

しつこいけど、これ、いつもすごく考えるのです。

というのは、お客さんとか顧客からずっと人気がある、または、行列が途切れないようなお店とか仕事をしている人って、必ずしも「自分が好きなことを」やっているわけじゃない気がするからなのです。「自分が好きなこと」ではなくて「お客さんが喜んでくれること」をやっている。

そこがいつも、「仕事で自己実現できるか」のキーポイントになってくると思うのです。

つまり、「自分がやりたいことをやる」、「自分が好きなことをやる」。それが「お客さんが喜んでくれて、それに対して金銭などが支払われ、評価されていく」。

そしたらもう、上記のケースは「仕事で自己実現が成功したケース」になります。

こういうのって、まさに「言うは易(やす)し、行うは難しい」みたいな典型だと思うのですが、ではどうやったら、仕事で自己実現が成功できるのか。

僕はそれには大事な最初のステップがあると感じています。

この続きをみるには

この続き: 2,098文字
記事を購入する

仕事で自己実現していくための最初の大事なステップ

しいたけ占いのしいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しいたけ占いのしいたけ.

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!エアーお寿司をあげます。
767
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週間・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著には『しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢』、『anan特別編集 しいたけ.カラー心理学 2020』などがあります。