見出し画像

すぐ拗ねてしまう人との関わり方

今回のお手紙から取り上げたいのが「すぐに拗ねてしまう人との関わり方」の話なのです。

何年前か忘れてしまったのですが、僕の師匠である精神科医の名越康文先生と対談したことがあって、その際、日本の恋愛観みたいな話が出たのです。

欧米型の恋愛と比べて、日本文化における恋愛って

「この人以上に、僕 or 私のことをわかってくれる人はいない」

という面を求め過ぎる傾向があり、その関係の究極のところとして、日本文化の恋愛は「母子関係」になりがちという話になったのです。

お母さんって、子どもが何かを言わなくても、子どもの状態を察するじゃないですか。そのこと自体には「良い」も「悪い」もないと思うのです。だって、言語など、コミュニケーションがうまくできない時期がある人に対して、人間も動物も「状況を察すること」で相手のことを守ろうとするわけだから。

でも、その「言わずともわかる」というコミュニケーションとか関係なんかが、なんか知らないけど大人同士においても「関係性の最上位」みたいになっちゃっているからこそ、ややこしい問題があったりします。

ここから先は

1,448字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。