腹で考えるススメ

もうずいぶん前の話になるのですが、ある心理学の講座に参加したある日、某国で大統領選がちょうどあったのです。世界的にも注目された選挙で、「どちらの候補者が当選するかによって世界が変わる」みたいに評されていました。

結果、大勢の予想を覆す形である人が当選し、世界を驚かせるニュースになった。

それで、その心理学の講座において先生が「皆さんはどちらが当選すると思いました?こういう時って、頭で考えるんじゃなくて、腹で考えた方が意外とわかる」と言ったのです。「心理学を学ぶ上で、“まったく根拠はないけど、どうもそっち方向じゃない気がする”とか腹で感じた自分の意見は大事になってきます」と教室の皆に先生は言いました。

この講座があった日はかなり前の話なんですけど、いまだにその「大事な秘術」を受けた感触を覚えています。

我々が普段普通に行っている「頭で考える」とはどういうことなのか。そこには意外とデメリットも多い。

・頭で考えようとすると、色々な情報が錯そうしているから、逆にわかりづらくなる

・また、頭で考えると、自分が持っている主義や主張やこだわり(こうあるべき)という価値観が邪魔して、自分が信じる結果以外の答えを出したくなくなる。ニュートラルに物事が見えにくい

そして、

・もちろん、普段の出来事に関しては頭で考えて、「多分こうなるだろう」という冷静な結論や予想を出していくこともできる

ということがある。

では、腹で考えるとは何かというと、

「あ、多分こうなるわ」

「こうなりそう」

みたいな、瞬間の予感を感じていくこと。

これ、やっぱりシンプルだけど難しいです。僕なんかもまだまだ全然できません。

ここから先は

1,593字

¥ 150

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。