10年以上前の失敗を引きずってしまっている
見出し画像

10年以上前の失敗を引きずってしまっている

しいたけ占いのしいたけ.

今回お手紙を下さった方は、「10年以上前の失敗が忘れられない」そうです。同族ですね。僕もそうです。

「なんでこのタイミングでくるのよ?」というフラッシュバックは常にでます。話を戻して、この方は10年以上前に自宅の改装をしたそうです。でも、結論から言うと、和室を広くするための業者に依頼した改装工事は失敗し、逆に部屋が狭くなってしまったそうです。業者の方に「広くなっていない」とは伝えたそうなのですが、その時にいた大工さんに強く言えなかったそう。そういうことってありますよね。

自分なりに大金をかけたのに依頼の通りに工事をしてもらえなかったこと、親御さんにもお金を半額出してもらったけど、その顛末を話せないでいること。10年以上経過した今でも、このことを考えると苦しくて辛くなってしまうそうです。どうしたらこのことを受け入れて、すっきりとした気持ちになれるのでしょうか、というお手紙でした。

今回のお手紙から取り上げたいのが「10年以上前の失敗を引きずってしまっている」話なのです。

いやぁ、今回の件は「さぞかしキツかったでしょう」と思ってしまいました。というのは、10年前とか、大分前の失敗を引きずっている人はけっこう多いと思うんですよ。ある時ふいに、上司に「君は思ったよりもできないな」と言われたとか。そういうのって、どこかで思い出してすごくキツいけど、大抵もうその上司は自分の視界の中にいないわけだから。でも、この相談者の方のケースの場合、「大金を出しての自宅の改装」で、自宅だから「毎日」見てしまうわけじゃないですか。これはもう、キツいです。

基本的には、「自分がやらかしてしまったこと」もそうだし、「ちょっとシャレにならないぐらいのやらかし」も含めて、誰か話せる人がいたら話した方が良いです。「話す=放す」になっていくし、あと、こういう相談のお手紙でもその目的は一緒なんですよ。

この続きをみるには

この続き: 987文字
記事を購入する

10年以上前の失敗を引きずってしまっている

しいたけ占いのしいたけ.

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しいたけ占いのしいたけ.

いつもサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。ここは僕にとって大切な居場所のひとつでもあるので、皆さんに遊びに来てもらえることが心から嬉しいです。

ありがとうございます!たまには休んでくださいね。
しいたけ占いのしいたけ.
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週刊・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著に『しいたけ.のやさしいお守りBOOK』『しいたけ.の小さな開運BOOK』など。お仕事の依頼は下のほうにある専用フォームからお願いします。