見出し画像

乗り越えるべきことと、逃げていいことの見極め方

今回のお手紙から取り上げたいのが「乗り越えるべきことと、逃げていいことの見極め方」の話です。

まず、とても素敵な質問をありがとうございます。

「すごく苦難が予想されたとしても、この問題は自分で取り組んで乗り越えていった方が良いのか」

という問題と

「逃げてしまった方がいいのか」

という問題の見極め方は、やはり簡単には答えられないんですよね。それぞれの人の人生観や価値観というものも絡むし、やはり、究極的に「自分の損得だけ」で生きられる人はかなり少数派だと思いますし。

まず、前提として「乗り越えるために奮闘した方が良いこと」と「逃げた方が良いこと」を、冷静に考えられる「時期」というのがあると思います。

たとえばの話なんですけど、ある人が新卒である会社で働いていて、先輩や上司に恵まれてすごく充実した毎日を過ごしていたとします。でも、その会社に働き出して3年で、上司が変わった。そしたら、その上司はセクハラやパワハラが割と頻繁にある人で、優秀な同期もけっこう転職し出した。でも、私に関しては「ここまでこの会社で頑張ってきたし、お世話になった人達に恩も返したいし」という気持ちがある。

ここから先は

1,124字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。