見出し画像

【守護シリーズ一覧】 人間編

現在、【しいたけ.サロン】コラムへんにて、「運についてシリーズ」をいうのを連載させてもらっています。

ご覧になられたことがない方のために説明をすると、僕が今まで占いをやって来た中で、星座でもなく干支でもない、人はある特殊な条件でカテゴリー分けされると思いました。

そのカテゴリを大きく分けると3つあって、人間系、動物系、自然物系になります。その中でも5〜6つに分かれていきます。

その分類がどういうものなのかということを、そのキャラクターごとにコラムで紹介しています。


① 基本性格
② どういうものに惹かれていくか。運命の傾向
③ 回復編。疲れたり行き詰まった時の対処法

この3本立てで紹介しています。

この話は僕が長年温めて来た構想の一つで、書いてみたかったことの一つです。
なので、みなさんからの反響やコメント、質問なども読ませていただきたくて、現在このコラムのコメント欄をONにしています。

そこで、多かったのが「キャラクターの一覧表が見たい!」というものでした。

詳しく説明するのは追ってコラムの中でになるのですが、先にキャラクターの一覧を紹介しようと思いました。

順にコラムにて詳細は書いていくので、もしよかったら一覧を先に見てみてください。なんとなく、これとこれが当てはまるかも、というものがあれば参考にしてみてください。

まずは人間系から載せたいと思います。


自分に縁があるものタイプの一覧 〜人間系〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①お坊さん、シスター
イメージカラー:紫色(成熟した大人、高い精神性、大切なものを抱え、成長して行く)、水色(穏やか、世俗の物事にあまり関心がない、マイペースを守りたい)(穏やか、世俗の物事にあまり関心がない、マイペースを守りたい)

1. 服は黒や白などのモノトーンカラーを好む

2. 張りのあるロングコート、マント、白衣、カーディガンなど羽織る感覚のものがあると少しテンションが上がる

3. 頼まれ事をよくされる

4. なぜか知らないけどよく道を尋ねられる(自分がその土地の人じゃなくても)

5.子どもの頃や学生時代のほうが大人のような考え方を持っていて、逆に歳を重ね
るごとに若返っていく

6. 人あたりはいいのだけど、自分の方針とか人生に対して余計な口出しをされると想像以上に抵抗し、流したり聞こえないふりをしたりする

7.「 あなたは何がしたいの?」という質問がとても苦手。どう答えたらいいかわからない

8. 自分のことを普段からもあまり多く語らない。話の聞き役の ほうが多い

9. 常に言葉にはできない感覚とか感情がある。空や月や自然物 に対して話しかけたことがある

10. 自然と誰かのために祈ったりしていることがある

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②お姫様
イメージカラー:ゴールド(奇跡、大きな力、特別感)

1. 存在が華やか、よく目立つとか言われる

2. ファッションは高級ブランドとかファストファッションの流行性の高いものミックスしたりしてうまく使いこなしている

3.「おはよう!」とか「そうだったの!?」とか、メールの文面に ビックリマークが多くつく

4.小さな動物とか小さな子どもが頑張っているのを見ると感情移入してよく涙ぐむ

5.割とどの話題でも対応できる。その場のノリで会話を合わせられる。社交は得意もしくは訓練してきた

6.面倒見がいい。コミュニケーションがあまり得意でない人見知りの人の才能を引き出すのが得意

7.他人の尊敬できる部分を発見すると、かいがいしくその人に尽くす

8.サービス精神を発揮してついやりすぎてしまうことが多い

9.楽しいことが好き! でも、楽しいだけではダメ! という感覚 を持っていて将来のプランは真面目考えるようなバランス感覚を持っている

10.仕事でもプライベートでも「その他大勢」と同じ扱いをされるのは正直好きではない。特別扱いされるように頑張り、努力をする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③武士、戦士、ナイト
イメージカラー:ネイビー(義務、弱音を一切吐かないで難題をやりきる)、赤(情熱、闘争心、負けられない戦いに挑む)

1. 着ると「ピシッ」と気合いが入るような、特別な思い入れがあるブランドの服をよく持っている。もしくは、「特別な想いが出る色のリップ」をつけるとか、リップやアイシャドウなどのカラー系コスメは自分の戦闘力を上げてくれるものを選ぶ

2. 自分にとって特別な思い入れのあるジャケットやコート、ハイヒール などは「単なる服」ではなくて、「戦友」の感覚を覚える

3. 歩き方や挙動がスマートな人に惹かれる。グダグダされるのは嫌い。心の中の口癖が「やる気がないなら帰れよ」であったり、けっこう激しい

4. 損得だけでは動かず、大切にしているポリシーがある。

5. サロンやスポーツジムなど、自分磨きや修行のための場所や時間がある

6.「気合いが入る」という感覚を大切にしていて、お友達同士の 会話でもだるだるしい「テンションが下がる」とか「湿っぽい話」が苦手

7. 日本的な言語感覚よりも英語的な言語感覚(「先に結論を伝え る」とか「要点を3つにしぼる」など)のほうが気持ちを乗せやすい

8. 仕事でもプライベートでも「だらしない」という感覚の持ち主がとにかく嫌。「士気が上がる・下がる」という感覚が自分の生理的感情に深く根差す

9. 仕事も大切にするが、家族もとても大切にする。金づかいは多少荒い。酔っぱらって後輩

10.人にも他人にも厳しく、「 戦っている」という感覚が好き。他人でも「この人は何かと戦っている」と感じられる人が好き

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

④職人
イメージカラー:茶色(地味、責任、信用されやすい)、フォレストグリーン(引きこもる、メールの返信が遅い人)

1. 気に入った服があると、それと色違いで揃えたり、つい似たようなものを選んでしまう

2. 服はトータルコーディネイトにそれほど関心はないけど、一部のアイテムにはすごいこだわりを持っている

3. 好きな作業をやっていると何時間でも集中できる

4. お気に入りの製品や小物ができると、「メーカーが生産中止したらどうしよう」という不安にかられる

5. LOFTや東急ハンズやホームセンターなどの「専門店」が聖地。

6. 人付き合いは少し苦手。言葉よりも何かを作って自分を表現することの方が得意

7. 考えていることをすぐに言葉にするというのも、少し苦手

8.他の人からみたら何をしているかわからない謎の一人行動の時間がある(急に一人で遠出をしたりする)

9 . 何事にもすごくこだわるか、無関心か、両極端だ

10.人の話す言葉よりも、その人の話し方や声や、話し方のテンポのほうが気になる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑤ダンサー
イメージカラー:ターコイズ(解放、自由人、「ま、なんとかなる」)

1. 男女共にタンクトップ、ノースリーブやキャミソールなどの肩が出るものが好きでよく着ている

2. インスタグラムなどのSNSの大半の写真が水着や半裸。裸は特に恥ずかしくはない

3. 夏に関するものが全般的に好き。ビーチ、海、バーベキュー、 お祭り、音楽。夏のために生きている。冬は仮死状態

4.性的な関心が強い。SEXは祭り感覚のコミュニケーション

5. 声やリアクションは基本大きめ。よく「うるさい」と注意される

6.「写真で見るよりも実物のほうが小さいんですね」と言われることが何回もある

7.嘘がつけない。嘘をつこうとすると動揺してすぐに顔に出る。 あと、困った人を放っておけない。面倒をみてあげてしまう

8. 感情のアップダウンが激しい。元気がない時には一切の「オーラ」がなくなる。悩むときは 「落ちている」という感覚

9. 金銭感覚がよくわからない。お金がないのに全部使いきった りする。「また稼げばいい」と特に気にしない

10. 進路を決めるのは、大体そのときのノリ。でも不思議とうま くいく。よき仲間に囲まれていると実感する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑥巫女さん、神主
イメージカラー:白(新しいスタート、正直、潔癖)、赤(情熱、闘争心、負けられない戦いに挑む)
む)

1. 服装にはそこまでこだわらない。「事業や成長には投資はするが、生活に対しては節約意識」がどこかにあるため、低予算コーディネートを楽しんだりする。仕事用の服は高価なものを持ったりする。TPOには過敏な程敏感がどこかにあるため、仕事用の服は高価なものを持ったりする。

2.顔つきは男女共にどちらかというと無邪気でかわいらしい。ベビーフェイスだったり、年齢よりも若く見られることが多い。ただ、内面には猛毒や刀を持っている。時々「いいからやれよ」というドS成分を発揮する

3.ちょっとだけ目つきが冷たくて、初対面だと人見知りそうな、爬虫類系の顔つきとか雰囲気を持っている男性が好きな人が多い。女性で言うと「この人はこういう立場にいながらも全然ブレないな」というような、ちょっと気が強くて目力や目そのものが大きい人と縁ができやすい。つまり、「簡単にはその方の体温が予測できない」という変温動物の人が好き。

4. 心に刀を持っている。表面穏やか。内面キレやすい。通常の人間関係においては極力短気をバレないようにしている。身内には厳しくなる傾向がある

5. ある物事に対してものすごく潔癖。「けがらわしい」と思ったものが自分の空間の中に入ってくると「オエッ」となる。誠意がなかったり、だらしないものに対してもかなりの嫌悪感を示す

6. 知的に尊敬できない人に命令されるのがすごくストレス。逆に、知的な部分で尊敬できる人にはすごくついていって、その人の兵隊にもなる

7. フットワークが軽い。一人旅をしたり、「今海外にいます」とか、急に俗世から消える。仕事とプライベートは完全に分けたいから、休みのときに職場の人に会うような場所で遊んだり、飲んだりしたくない

8.疲れすぎて頭のネジがぶっ飛ぶと「オイスターバーに行ってカキを全部ペロペロしたい」、「あばばばば」とかSNS上でつぶやいて発散している。あと、動物の動画などをずっと見て疲れを取っている。

9. 「どこからそんな変な人を連れてきたの? 」という人と不思議と仲良くなったりする。気があうと思うと、気軽につながることが出来る。ネット上で面白い人を発見して、友達になることもある。

10.どんなに仲良くなっても、恋人でも、自宅に他人は入れたくない習性がある(理由は呪いや恨みを残される感覚に敏感だからです。自分の本丸を公開したくない気持ちがある)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず人間系を載せてみました。いかがでしたでしょうか??

どれも当てはまる気がする、、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

それというのも、「自分にはひとつしかタイプがない」というのはほぼなくて、どの人も3つか4つぐらいのタイプが当てはまってきます。10個の設問中、7個以上当てはまるとそのタイプである可能性が高いです。

また、ついてるキャラは変わります。その時と状況によって違うキャラになったりします。強く当てはまっていたタイプが「最近全然当てはまらない」と感じることもあります。そういう時は違うタイプに当てはまるかチェックしてみてください。
またすぐに、動物編、自然編も公開していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

スキ、ありがとうございます!嬉しいです。
569
しいたけ. 占い師、作家です。

この記事が入っているマガジン

しいたけ ジャンル分け
しいたけ ジャンル分け
  • 3本