見出し画像

とっさに嘘をついてしまう癖について

今回のお手紙から取り上げたいのが「とっさに嘘をついてしまう癖について」の話なのです。

「嘘」という言い方はちょっと過激になってしまうかも知れないけど

「え、この場面は自分の正直な意見を言って良いの?」

と思うことは、どの人にもあると思うのです。

僕、今だに信じられないのが、小学校ぐらいの時にクラスの誰かが悪さやいたずらをして、帰りの学級会で先生が「よし、みんな目をつぶれ。誰にも言わないから、これをやった者は黙って手をあげなさい」と言って、正直に手をあげるとその場で名前を絶叫されてビンタされたりするじゃないですか(笑)

大人になっても「あなたの正直な感想を言ってみて」と年上の方が言われて、それで「いやぁ、正直これはないっすね」とか絶対に言っちゃいけないシーンとかがある。

「自分の正直な意見を言って良いのか」

は、もうそれはその時その時の空気感で判断していくしかないのだろうけど、「正直な意見を言って良いのか」という恐怖心がすごく強い人だと

「あなたの好きな食べ物は何?」

とか、そういうフレンドシップを深めていく質問をされた時にさえ「え、これは私の正直な意見を言って良いのかな」とか「私が何を好きかなんて、みんな絶対に関心ないはずだよな」とか、必要以上に疑心暗鬼になってしまう人もいらっしゃると思うのです。

子ども時代のコミュニケーション、「速さ」と「ウケ」がとても重視される

この続きをみるには

この続き: 1,205文字
記事を購入する

とっさに嘘をついてしまう癖について

しいたけ.

100円

ありがとうございます。最近は辛い物を食べてストレス発散しています。
88
しいたけ. 占い師、作家です。

こちらでもピックアップされています

【しいたけ.サロン】お手紙
【しいたけ.サロン】お手紙
  • ¥300 / 月

しいたけ.サロン、月額制のお手紙マガジン。読者の皆さまから頂いたネタやリクエストをもとに、しいたけ.がお返事をコラム形式で、月4回ほどお答えしていきます。お届け悩み相談だけではなく、世の中の時勢に関する質問や、しいたけ.個人に対する質問、カラーの質問など幅広いお手紙を募集します。