見出し画像

家族をしょんぼりさせずに指摘をしたい

今回のお手紙から取り上げたいのが「家族をしょんぼりさせずに指摘をしたい」の話なのです。

自分の一番近くにいる人、恋人や家族に「ここを直して欲しい」と指摘するのはかなり難しいですよね。家族になって一緒に住んだり、恋人になって同棲をしたりすると、「この人のこの部分がすごくだらしない」とか、そういうのはお互いにたくさん出てきたりする。自分にとってはなんでもないことが、その人にとっては「なんか知らないけどいつもできない」という弱点になっていたりする。

今回、ちょっと自分でも「イラッ」ときてしまう相手の弱点に対して「どう伝えたら良いのか」を考えてみたいと思います。

昔、ある作家が世界中を旅した旅行記の本があって、確かイタリアに行った時の話だと思ったのですが、知り合い数人と山登りをしたそうなのです。その山登りの同行者に確かベトナムかヒマラヤの人がいたらしくて、その人の歩き方が特殊だったそうなのです。

「君は歩き方が変わっているね」と指摘をしたら、その人がすごくショックを受けてしまったみたいで、「自分にとって当たり前とされているものを指摘すると、その人を深く傷つけてしまう可能性があると気づいた」とか、そういうことがそのエッセイの中に書かれていました。

この話を読んで、ちょっとほのぼのしてしまった部分があって、それは「どの国の人も、自分にとって当たり前とされていることを指摘されると傷つくのは一緒なんだな」と思ったのです。

つまり、それだけ「指摘」と「改善」って、他人から言われる形で受け止めるのは難しいことなんだなと改めて感じました。

この続きをみるには

この続き: 1,099文字
記事を購入する

家族をしょんぼりさせずに指摘をしたい

しいたけ.

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

スキ、ありがとうございます!嬉しいです。
160
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週間・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著には『しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢』、『anan特別編集 しいたけ.カラー心理学 2020』などがあります。

こちらでもピックアップされています

【しいたけ.サロン】お手紙
【しいたけ.サロン】お手紙
  • ¥300 / 月

しいたけ.サロン、月額制のお手紙マガジン。読者の皆さまから頂いたネタやリクエストをもとに、しいたけ.がお返事をコラム形式で、月4回ほどお答えしていきます。お届け悩み相談だけではなく、世の中の時勢に関する質問や、しいたけ.個人に対する質問、カラーの質問など幅広いお手紙を募集します。