見出し画像

心を止める時間を持ってみた

自分の話になってしまうのですが、僕が占いをやったり、あと、原稿を書いたあとって、軽く燃え尽きていることが多いのです。

何か、これは僕だけではないと思うのですが、お仕事とか、あとはゲームとかでもそうだけど、「完全に入り込む」みたいなことをすると、その後に現実感がつかめなかったりするじゃないですか。

「入り込んだ戦闘モードから抜け出せて、燃え尽きとかぼーっとするモード」になると、僕の場合は現実世界に帰るために「お腹減った?」とか「何食べたい?」とか「どういうことがしたい?」みたいな感じで、止まった心を動かしていこうとしてきました。

でも、なんとなく、この「心を動かしていく」みたいな作業が、ここ数年はどうしてもキツく感じられてしまったのです。

たとえば、仕事が終わった後に、いつものように自分に話しかける。

「何食べたい」→「・・・。」
「どこか行きたい?」→「・・・。」
「誰と会いたい?」→「放っておけ」

みたいな感じで。部屋から出てこない15歳みたいになってしまっている。

ここから先は

1,427字

¥ 150

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。