見出し画像

30代からの幸運の迎え方

今回のお手紙から取り上げたいのが「30代からの幸運の迎え方」の話なのです。

30歳。ひとつの転換期(とされる)

このご質問や相談はやはりかなり多くて、30代を迎えていなくても、今の仕事人生において27歳前後ってやはりかなり人生においてターニングポイントになる年齢なんじゃないかと思っています。あ、以下の文章も怖がらせるようなことは書かないので安心して読んで下さい。

もちろん、僕は転職のエージェントの人間ではないので専門的なことは答えられません。でも、僕がお客さんに会ってきた感想では、男性でも女性でも、今の世の中の社会構造上で「25歳ぐらいまではなんとなく修行中」みたいなところがあると思うのです。

25歳までは

・なんでもやってみる
・上の先輩達がやってきたことを、自分なりに真似て、自分のモノにしていく
・飲み会なども積極的に(半強制的に)参加する
・自分の生活スタイルがまだそこまで確立されていないから、「明日みんなで集まらない?」などの突然の誘いにも対応できる

という生活をしていくことができる。

でも、26歳を超えたあたりから、何か「あなた、どうするの?」というプレッシャーを各個人でけっこう強く感じ始める。

一年ぐらい前まで「じゃあ週末集まろうよ」と言って突然の誘いにも乗っていた人達がなかなか集まれなくなったり、誘いづらくなったりする。そして、友達のインスタとかを見てみるといつの間にか料理教室とかに通っていたりする。何か、不確かながらもみんなが「それぞれの道」に進もうとしている。

26歳、27歳から自分に起こる変化

30歳を迎える前の、26歳、27歳ぐらいから起こる変化って

「私はどうしたら良いだろう?」

という課題に対して、それぞれがそれぞれの夜を使って考える時間が増えてくるのです。

ここから先は

1,671字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。