見出し画像

弱さのセンサー

最近ある人と会ったのですが、その人に会った後にすごく肩が重くなったのです。昔、占いの鑑定をしていた頃は「肩が重くなる」という現象にはまぁまぁよく出合っていたのですが、今はその鑑定がやれていないので、肩が重くなることが久しぶりで新鮮でした。笑

ただ、僕にとって誰かと会っていて体の一部が痛くなったり、重くなったりするのはけっこう重要なセンサーとして助けられていることがあって、たとえば今回のように「肩が重くなる」という現象は「相手が自分に対して大きな依存度を持っている前触れ」で起きてくることが多かったです。

だから、僕は昔からなのですが、「あ、この人と会うと肩がすごく重くなる」と、勝手にこっちが感じちゃった方に関しては、お互いのためにちょっと距離を取ったりしました。具体的にどうやって距離を取ったのかというと、相手に自分の個人情報を言わない。そして、相手の方が持ってくる「共通の話題作り」に対してあんまり乗らないという手段を用いることがあります。相手が「どこ出身なんですか?あ、けっこう近いですね」と言っても「まぁ、北と南でだいぶ違いますしね」とか言っちゃう。ごめんなさい、冷たくて。

ただ、自分に甘いかも知れないのだけど、こう書いてしまったことは許して欲しくて(最近疲れる人に会ったなんてすごく失礼な言い方ですし)、「疲れや痛みを感じた時に、その疲れや痛みが自分の中に本格的に侵入してくる前に、危険を感じて退避する。もしくは気をつける」というのは、僕のような「弱い人間」が扱ってきた自衛策なのです。

弱い人間の効用

僕が占いをやってきて、なんとなく何年もこの仕事ができてきた理由のひとつとして、僕がおそらく生物体としてかなり弱い存在だからなのです。

もし、強かったら色々無理ができたはずなのです。

ちょっとやそっとの「肩の重さ」なんて無視したと思うし、仕事もバリバリ予定を入れて自分の限界を越えようとしたと思います。「この人が言うことはいちいち傷つくんだよな。でも、そんなこと気にしているのは自分だけかも知れないし、この人は成功していて色々な知り合いがいるから、この人の言っていることは正しいのかも知れないな」と思ってしまったかも知れないのです。

この続きをみるには

この続き: 1,437文字
記事を購入する

弱さのセンサー

しいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!適度に休憩を入れてくださいね。
647
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週間・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著には『しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢』、『anan特別編集 しいたけ.カラー心理学 2020』などがあります。

こちらでもピックアップされています

【しいたけ.サロン】 コラム
【しいたけ.サロン】 コラム
  • ¥500 / 月

しいたけ.による、毎週1回、月4回更新のコラムマガジンです。しいたけ.が書きたかったこと、構想を温めてきたことを書いていきます。