12月の蠍座フォローアップ「地層改革」

12月も半ばを過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

日本に住む人間として、やっぱりこの「年末年始の神聖さ」って、すごいものがあると感じてしまうんですよね。ほら、休みといえば、普段の土日があったりするし、夏休みなんかもあったりする。子どもにとってみたら「いっぱい遊びに出かけられる夏休み」の方が貴重かも知れないけど、大人になってみると「○○納め」をやっていって、段々と年末に向けて「今年の活動を終わらせていく感じ」がやっぱり特別なものとして感じられてしまうのです。もちろん、大掃除とか、新年を迎える準備などは面倒くさいけど、すべての用事を終えて、「今年は何がやるのかな」とテレビ欄をチェックしたり、「ちょっとだけ年末年始を豪華に彩ろう」としてケーキとかを買っちゃったり、「多少は浮かれてもOK! 」という空気感が個人的に本当に好きです。

今年も本当にお疲れ様でした。占いを皆様に向けて書いてきて、今年は本当に皆が「それぞれの領域を守るために、そして、攻めていくため」に戦ってきた年になったんじゃないかと思いました。しんどいこともあったし、「どうやってあの場面を乗り越えたのか」とか、わからないこともあったかも知れません。でも、とりあえずはこの「神聖な年末年始のホリデー期間」を楽しむことをやっていきましょう。

今回蠍座のフォローアップとして取り上げたいのが

「地層改革」

についてなのです。

ちょっとこういう話を聴いて欲しいのですが、占いとか占星術で、いわゆる「ある期間の運勢」を伝えるわけじゃないですか。でも、その運勢って、「第一層」とか「第二層」みたいに、その地層みたいなものがあるのです。

ここから先は

803字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。