たまには逃げちゃうのが良い
見出し画像

たまには逃げちゃうのが良い

しいたけ占いのしいたけ.

もうずいぶん前の話になるのですが、仕事などでけっこう行き詰まっていた時があったのです。その時、たまたま読んだ雑誌の中に、ある方のエッセイが載っていました。

エッセイには、その方が高校生だった頃の話が書かれていて、ある朝、どうしても学校に行くのが嫌になってしまって、衝動的に通学方向とは反対の電車に飛び乗ったそう。本来、学校に行かなければいけない時間のはずなのに、反対方向の電車に乗って、そこに広がっていた田舎の景色をいまだに忘れられない、みたいなことが書かれてあり、その文章にものすごく癒された記憶があります。ある人の強い記憶とか、深い記憶を元に描かれた文章には、その人と同じ景色を見させるとか、共鳴させる力があったりするから。

この「ある人の過去の高校生時代の、突発的な反対方向への電車に飛び乗ったエピソード」は今でも「詰まる物事」が多くなると思い出します。

ここからは少し、今僕がなんとなく感じていることを書かせて下さい。

しょうがない部分もたくさんあるんだろうけれど、今ってどうしても「息のしづらさ」があるじゃないですか。以前と言ったらあれだけど、「頑張る時は頑張る。そして、アホな時はアホになる」みたいな、大事な「アホになる」ことがすごくしづらい。アホをやったとしても、どこかに空虚感が残ってしまう。

この「息のしづらさ」って何だろうと考えてみたいのですが、これは多分、ソーシャル・ディスタンスとか、自粛、不用意な外出が推奨されないみたいな話になった際、そこに付随して起きた

「近さと遠さのバランスの崩れ」

なんじゃないかと考えているのです。

この続きをみるには

この続き: 1,735文字
記事を購入する

たまには逃げちゃうのが良い

しいたけ占いのしいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しいたけ占いのしいたけ.

いつもサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。ここは僕にとって大切な居場所のひとつでもあるので、皆さんに遊びに来てもらえることが心から嬉しいです。

スキ、ありがとうございます!これからも頑張れそうです。
しいたけ占いのしいたけ.
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週刊・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著に『しいたけ.のやさしいお守りBOOK』『しいたけ.の小さな開運BOOK』など。お仕事の依頼は下のほうにある専用フォームからお願いします。