見出し画像

直感で浮かんでくるカラーについて

今回はお手紙で「直感で浮かんでくるカラー」についてご質問を受けたので書いていきたいと思います。

今年出したananの『しいたけ.のカラー心理学』でも書かせてもらったのですが、朝起きた時に自分の胸に手を当てて「今日は何色だろうな」と胸の色を直感的に把握することって大事なのです。

これは別に僕がオリジナルで発明した技法じゃなくて、数年前に心理学者の植木理恵さんの本を読んだ時に「朝起きた時に胸に手を当てて、直感的にカラーを感じる」という手法が紹介されていて、いわゆる「セルフコントロール」のやり方としてすごく素敵だったのです。

これがですね

「毎朝3分時間を取って、今の自分がどういう感じなのかを把握しなさい」

となるとけっこう難しい。

何よりも、「自分の把握」って言語とか思考でやると失敗しやすい。

どうしてかと言うと、嫌なこととかが次から次へと出てきちゃう可能性があるから。「昨日もあの人から嫌なことを言われた」とかですね。

でも、カラーって、なんていうか、別系統の感覚じゃないですか。

「あれ、意外と今日はオレンジだぞ。私はそうか。ちょっと楽しいものに触れて気分転換を求めているのか」

とか

ここから先は

1,009字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。