見出し画像

1月の水瓶座フォローアップ「やっていきたいことを絞る感覚」

1月も半ばになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。普通、新年が明けたばかりで「あ、そうか。もう1月の半ばか。ぼちぼち頑張らないとな」と起動していく人達が多いのですが、今年は暖冬のせいか「年末感すらなかった」と感じる人達が多いから、この1月にも「あー、始まったんだ」とそこまで特別感がないこともあるかも知れません。

まぁ、ぼちぼちエンジンをかけていきましょう。

今回水瓶座のフォローアップとして取り上げたいのが

「やっていきたいことを絞る感覚」

についてなのです。

この2020年の水瓶座はすごくて、まず、他の星座とも全然違うところとして、ちょっと感覚的な話をしますよ?

もうすでに、今の水瓶座の人の中には

「すでに、今年やっていきたいことを絞っている。余計な事や、人情に流されて自分がやりたくないことはやりたくない」

という気持ちを持っている人がいると思うのです。つまり、一年が始まったばかりなのに、もう「今年という一年を過ごした後の自分」を考えているようなところがあるのです。

今のあなたはそれだけ

ここから先は

592字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。