見出し画像

12月の蠍座フォローアップ「いちごのショートケーキか。それとも、チョコレートケーキか。悩む」

12月も半ばを過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

いよいよ、年の瀬ですね。このフォローアップも含めて、今年の2023年も色々な占いを書いてきました。ひと月ごとのマンスリーの占い、そして、週刊占いとフォローアップ。

それらの占いを今年書いてきて、なんていうか、各星座に「凝縮性」みたいなものをすごく感じてきたのです。

「凝縮性」というのは、「ギュッ」と身を縮めるような感じで、何かに対して「過密スケジュールでやっていく」みたいなこと。これまでの何年間の生活にあったような、「この大変な時期を乗り越えたら、ちょっと羽を伸ばして、リラックスをして、また自分を回復させて、次のチャレンジをしていく」みたいな、そういう「バランスの取れたONとOFF」に関して、この2023年はほとんどの人が取れていなかったような気がします。

今年は本当、色々な人にとって「来年の2024年を楽にしていくための、徹底した種まきや、撒いた種の芽を守っていく作業」が多かった気がします。ですから、「息継ぎ」というか、「この作業が終わったら、すぐに次の作業に入る」みたいな感じで、「全然休めない」と感じてきた人も多かったと思います。

来年、解放されるために、今年は多くの人が「限界を越えた、ギューッとした凝縮」をしてきました。ただただ、「すごかった」としか言いようがないですし、それをやってきた人達がすごいです。

本当に、ここまでお疲れ様でした。色々なことを停止して、解放していって、是非、この素敵なお祭りのシーズンを思い思いに過ごしていってくださいね!

今回蠍座のフォローアップとして取り上げたいのが

「いちごのショートケーキか。それとも、チョコレートケーキか。悩む」

についてなのです。

やはり、2023年のあなたはすごかったです。

ここをちょっと掘り下げていきたいのですが、「すごい」というのは、「前進して、成果を出すこと」だけが「すごい」と言われるような事象ではないのです。

ここから先は

1,080字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。