見出し画像

嫌な予感がほぼすべて当たる

今回、「嫌な予感の避け方」についての相談を受けました。

この相談者の方の場合、日々の中で、やけにポカミスが多くなった、それで、ちょっとした不幸が連続して起きる時に「このままいくともっと大きな嫌なことが起きる気がする」と思うことがあり、それがほぼ100%で当たるそうなのです。100%ってすごいですね。。

それで、赤ちゃんがやけにグズってしまって予定が崩れたり、家事のポカミスが連発している時に新車の車のフロントをベコベコにしてしまって、幸い、母子ともに怪我がなかったそうなのですが、家計がバカにならないとのこと。「どうやったらこの嫌な予感の流れを変えられるのか?」という質問でした。

今回のお手紙から取り上げたいのが「嫌な予感がほぼすべて当たる」についての話なのです。

今回のご相談は不謹慎ながら、現象としてとても面白くて(この相談を送って下さった“ちくわぶ”さん、ごめんなさい)、いや、本当にやっぱり占いをやっているとこういう不思議な相談は多いのです。

これですね、僕が占い師という立場じゃなくて、もうちょっと心理学者の方とかそういう人だったら「悪いことを考えた時にたまたま大きな悪いことが起きてしまって、それで、あなたの中で“悪い予感は当たる”という連続性が出来てしまったのですね」という、非常にまともなことを言うと思うのです。でも、僕はその立場ではないので、変な回答をさせて下さい。

「あー、なんか嫌な感じがするな」と感じて、何か悪いことが起きてしまう。それは確かに、全部が全部そうだとは限らないと思うのです。でも、それこそこの相談者の方のように「家事でポカミスが続く」→「車のフロントがベコベコになってしまった」みたいなことが起きるパターンってあると思うのです。何か、自分の周辺にモヤみたいなものがやってきている感覚なんかも覚えているかも知れない。

この方の相談に答える前に、「人生の中で大きな出来事が起こる、各自のパターン」について説明させて下さい。

ここから先は

1,564字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。