誰の話を聞くべきか問題

先日お師匠の名越康文先生と話をする機会があって(僕が新しく引っ越した事務所にシュークリームを持って遊びに来てくださいました)、その時「誰の話を聞くのが良いのか?」という話になりました。

世の中って、色々な人の「正しさ」と「アドバイス」に溢れています。

たとえばちょっと仕事面でもプライベート面でも悩んでいることがあって、友達とか先輩にあって「いやぁ、最近ちょっとこういうことがあって」と話を聞いてもらった時に「いや、絶対別れた方がいいよ!」とか、ちょっとそういういきなり「それしかないでしょ的なアドバイス」をドーン!と言い渡されると「うっ」てなったりすることってあるじゃないですか。

先ほども言ったように、世の中って「色々な正しさに溢れている」から、「良かれと思って」とか親切心で色々なアドバイスを受けることってあります。

でも一方で、そのアドバイスこそが、人を惑わす原因となってしまうこともある。

この続きをみるには

この続き:1,588文字
記事を購入する

誰の話を聞くべきか問題

しいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。ただ、もし良かったらそのお金で身近な人にプレゼントしたり一杯おごってあげてもらえたら僕は充分幸せです。

ありがとうございます!今夜は夜中にこっそりお菓子を食べてもいいですよ。
188

しいたけ.

しいたけ. 占い師、作家です。

【しいたけ.サロン】 コラム

しいたけ.による、毎週1回、月4回更新のコラムマガジンです。しいたけ.が書きたかったこと、構想を温めてきたことを書いていきます。 テーマ ・運にまつわる話 ※順次増えていきます
2つ のマガジンに含まれています