8月の獅子座フォローアップ「冷静に場を見ている」

8月も半ばを過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

毎日暑いですね。ちょっと前なのですが、トイレットペーパーを買いに近所のドラッグストアにまで日中歩いただけで暑すぎてヤバいことになりました。ドラッグストアは改装中で開いてませんでした。

それで、この8月のフォローアップを書いていて感じたのですが、やはり今って「異様な空気の重さ」があります。どういう空気の重さかというと、「この状態が永遠に続くんじゃないか?」と感じられてしまうようなこと。

ほら、人って悪いことがあっても、良くない流れが続いたとしても、「よし!じゃあ自分のできることをやっていくか!」みたいな感じで、気持ちを切り替えたりする。もちろん、その気持ちの切り替えがすぐにできないこともあるけど。

でも、この8月の空気って、オリンピックもあったし、何かニュースとか伝わってくる情報もバラバラだし、すごく嬉しいとか、爽やかだとか、楽しいという情報が入ったり、また、その反対の情報が入ったりして「なんだか現実感が良く分からなくなった」という人も多くいらっしゃると思います。

今ですね、あれもこれもとやっていくよりかは、体調面を重視で良いと思います。「よし、今日もなんとかギリギリ大丈夫だった。それでいいや」とか「今日はなんかいまいちだったな。まぁ、でもしょうがないわ」とか。そういう、「今日過ごせればセーフ」ぐらいの気持ちでいると、自然とドアが開いていくから。求めたかったり、先の目標を決めたい気持ちを焦らないで。大丈夫だから。

今回獅子座のフォローアップとして取り上げたいのが

「冷静に場を見ている」

感覚についてなのです。

ここまで獅子座のことを占ってきて、何回か言っている台詞になるかも知れないのですが、獅子座の人って、ギャンブラー気質があります。これは別に「賭け事が好き」とか「公営ギャンブルが好き」とか、そういう直接的な意味ではなくて、「場を見ている」という感覚が似ているのです。

ここから先は

786字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。