見出し画像

全部を乗り越えようとなんてしなくて良い

僕は毎週占いの原稿を書いています。このnoteでは毎月の占い、そして、VOGUE GIRLのしいたけ占いでは年2回の上半期と下半期の占いがあります。

そうやって、僕の生活はやっぱり「占いまみれ」になっているところはあるのですが、それが特にそこまではつらくはないです。どうしてかというと、多分「当てにいく」とか「支持されなきゃ」という欲を出したらつらくなると思うけど、「大事な手紙というライフワーク」みたいなものだから、そんなにキツくならないのです。

ただ、どの仕事も、そして、自己表現というものもそうだと思うのですが「つらくない」なんてことはやっぱりないと思います。どこかはやはりキツくなったり、つらくなったりします。では、どうやってその「キツさ」を乗り越えていくか。それは、自分の中で仕事なり、自己表現の一部を「これは自分にしかできないことだろうな」と、神聖な気持ちになってやることなんじゃないかと思っています。

僕は自分の仕事は原稿を書くことなので、変な話、寝起きのボサボサの頭でも、パジャマでもできるわけです。でも、それはしないと決めています。自分にとって原稿を書く時間は神聖な時間と決めているので、身なりを整えて、きちんとした格好に着替えてからやると決めているのです。

ちょっと話がズレてしまったのですが、今年、つまり2019年の占いを書いてきて思ったことがあるのです。

それは

「すべてがすべて、乗り越えなくても良いんじゃないか」

と。

2019年はやはり占い的に見たら、何回も言っていてくどいと思われてしまうかも知れませんが、「大いなる仕切り直しのタイミング」です。

ここから先は

1,593字

¥ 150

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。