見出し画像

7月の牡牛座フォローアップ「改革・改善運動」

7月も半ばを過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

本当に色々ありますよね。2022年のこれまでの星回りというのは、「ある種の嵐の中での、掃除」みたいな感じがあったりするのです。「どこから手を付けたら良いのかわからない」とか「気持ちの置き所をどうすれば良いのかわからない」と感じてしまう人も多いと思います。「楽しみもある。でも、本当に色々なことを真剣に考え、そして、変えていかなければいけない」と感じていることも多いかも知れないです。

僕自身は、この2022年の落ち着かない状況に対して、「すぐに答えを出すことが正解ではない気」がします。どうしてもフワフワしてしまう毎日があるけれど、昨日まで積み上げてきたものは絶対に残っていくはずだから。「こうあるべきである」の答えは、何かに煽られる形で決めていくものではなくて、毎日の自分の積み重ねの中で出していっても良いはずです。

この状況の中で、どうしてもポカーンとしてしまう人がいても、「負けてたまるか」と自分を奮い立たせる人がいても、夏休みを楽しむ人がいても良かったりするんじゃないか。みんな今、それぞれのやり方で自分を立て直そうとしたり、戦っているのだから。

皆さんも是非、疲れてしまった時は「あー、今日のコーヒーはあんまり味がしないね」みたいな、そんな渋い時間も味わって、お休みを入れてみて下さいね。僕も、僕なりのペースでやっていきたいです。

今回牡牛座のフォローアップとして取り上げたいのが

「改革・改善運動」

についてなのです。

この「改革・改善運動」についてなのですが、2022年の牡牛座は「待つのではなく、攻める。取り組み直しいく」を大きなテーマとして持っていることが多いです。

ここから先は

877字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いつも温かいサポートありがとうございます。メッセージも読ませてもらっています。僕はこの場所が「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。あなたの声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。