10月の蠍座の運勢
見出し画像

10月の蠍座の運勢

10月前半

10月前半の蠍座は「チャンスは前髪にある」のオレンジが出ていました。

まず一言で10月の蠍座は「自分にとって必要な人や、必要なパワーが集まる」みたいな、一種の強運期にあたります。2021年の蠍座は夏ぐらいまでに「大きな重労働」をやっていたイメージなのです。

「なんで私がここまで」とブツブツ言いながらも、大変だった「地ならし」みたいなことをすごくやっていた。その中で、「距離感の見直し」についても労力を割いてやっていました。「私がやって当たり前」とか「この人はここが得意だから、この部分だけをやる」みたいな、仕事などの面でも、プライベートの面でも「今まで暗黙の了解で決まっていた役割分担」をすごく見直したのです。だから、あなた自身も「整理するものは整理して、新しく自分にできることをやっていきたい」と燃えてきているところがあります。

それで、この10月は不思議と清算すべきものが済んで、大きな次の「祭り」に向かって進んでいきます。今までなかなか「歩み」というか、前進が見えなかった部分においても、けっこう大きく前進が見えていったりします。

この続きをみるには

この続き: 1,873文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ひとつの星座を購読すると500円ですが、気になる方の星座など、2つ以上読みたい方には、12星座すべて980円で読めるこのマガジンがおすすめです。

しいたけ.による、月一更新マガジンを、12星座ぶん読めるパックです。各星座の、毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォロー…

しいたけ.による、蠍座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたりし…

または、記事単体で購入する

10月の蠍座の運勢

しいたけ占いのしいたけ.

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しいたけ占いのしいたけ.

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!癒しはなんですか?僕は温泉です。
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週刊・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著に『しいたけ.の小さな開運BOOK』『みんなのしいたけ.相談室』など。お仕事の依頼は下のほうにある専用フォームからお願いします。