自己肯定感の高い人は自分に50点以下の点数をつけない
見出し画像

自己肯定感の高い人は自分に50点以下の点数をつけない

もう、すごいですね。タイトルが。

これは確か、2021年の上半期占いが発表されて、そこでのSNSでのライブ配信で言った台詞なのです。「自己肯定感の高い人は、自分に50点以下の点数をつけない」。今回はこの感覚について改めて書いていきたいと思います。

早速ですが、皆さんは「うわー、私なんて全部ダメだ」とか、「私には何もない」という台詞を言ったことはあるでしょうか。いきなり暗さ全開の話でごめんなさい。ちなみに僕はよくあります。特に、20代などのある時期に、集中してこれらの台詞をずっと言っていた気がします。

「自己肯定感の低さ」って、おそらく色々な分野がありますよね。たとえば、「ありがとうと言われるのが苦手な自己肯定感の低さ」もあるわけだし、「ここ一番で自分の限界を超えられない」とか、そういう自己肯定感の低さもある。ある種、「連続して刷り込まれた、苦手意識とかスランプ」みたいなものも自己肯定感の低さの一種であったりもする。

小学生の時に1対1の場面で、すごい頑張って話しかけたんだけど、すごい相手の反応が悪かったとか。そういう経験を連続してやってしまったり、失敗や上手くいかないことのインパクトがあまりにも大きかった場合、当然その分野に関して自信を持つことは難しい。

でも、占いを通じて「自己肯定感の低さ」について取り扱っていると、「日本の習俗や文化」というのも、ある程度「自己肯定感が低い系」ですよね。だって、明らかに日本に住む人よりもハワイに住んでいる人の方が自己肯定感高そうじゃないですか。すみません、テキトーに言いましたけど。

日本には謙譲と謙虚と「おかげ様」の文化がある。たとえば、有休をもらって旅行に行って、手ぶらで帰ってくるってなかなかできないじゃない。「おかげ様で旅行楽しかったです。これ、皆さんで食べて下さい」とお土産を買っていった方が、円滑に人間関係が進む。

・一段自分を下げる
・自分で頑張ったつかんだ成果に関しても、「おかげ様」ということで角が立たない
・失敗をした時に、必要以上に自分を責める。謹慎する。そうすると、相手が「もういいだろう」と言って反省の姿勢を認め、許してくれる

これらの行動形式って、すごく美しいところもあると思うのです。でも、謙虚さを課題に持ち続けている人は、いざという時にわがままを言えなくなってしまうかも知れないです。

この続きをみるには

この続き: 1,716文字
記事を購入する

自己肯定感の高い人は自分に50点以下の点数をつけない

しいたけ占いのしいたけ.

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しいたけ占いのしいたけ.

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。最近黒酢が好きです。
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週刊・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著に『しいたけ.の小さな開運BOOK』『みんなのしいたけ.相談室』など。お仕事の依頼は下のほうにある専用フォームからお願いします。