見出し画像

新刊『しいたけ.の小さな開運BOOK』が発売されます

皆様こんにちは。しいたけ.です。

今回改めて報告したいことがありまして、5月25日にマガジンハウスさんより約2年ぶりの新刊『しいたけ.の小さな開運BOOK』が出ます。しかも、毎年いつもこの時期にやらせてもらっているムック本『しいたけ.カラー心理学2021』とも発売日が一緒になり、5月25日は慎ましながら、僕の中で小さなしいたけ.祭りのような日になります。状況が許せば是非とも実際に二冊共に手に取って見て頂きたいです。書店でも、ネットでも、皆様に久しぶりに出会えたらとても嬉しいです。

そして、今回は2年ぶりの新刊の出版ということもあり、この本をどのような気持ちで書いたかなどを書いていきたいです。

「運の良い人」

いきなり大胆な仮説から始めたいのですが、よく世間で言われる「運の良い人」っているじゃないですか。その「運の良い人」というのは、僕は「自分の運の受け取り方をなんとなく知っている人」だと考えているのです。

たとえばなんですけど、たまに「俺、月末50円しか持っていないんですよ」と言い切る人いるじゃないですか。でも、その人には全然悲壮感なんかがなくて、周りにいる人も「お前またかよ。ふざけんな」とか笑いながら、なんか月末にその子におごってあげると多少良い気持ちになったりする。バカみたいなことだとお互いにわかっているけど、何かその人達にとっては「貴重な青春の1ページ」みたいに、月末に繰り広げられる「おごれ」と「今回はお前が出せ」みたいなやり取りを大事にしている。

運が良い人って、どこかやはり自分のキャラクターをどこかですごく冷静にとらえている。人間社会をサバンナだとすると、運が良い人って、自分はどの動物に近くて、狩り場はどこで、どのような振る舞い方をするのが良いかを“なんとなく”わかっている。自分が生きるサバンナという世界をかなり冷静にとらえていて、自分の中にある「なりたい、憧れの動物」と、「自分の得意な生存の仕方」を厳密に分けているようなところがあったりもするのです。

もうちょっと「自分の運の受け取り方をなんとなく知っている人」の話を続けると、本当は軟弱じゃないのに、ある場面において「あえて軟弱を演じていたり」だとか、その逆に「私は仕事になると、一切の弱気を自分に許さない」みたいに、勝負所で自分のモードを変える人もいる。

さらに、人生の非常に大事なタイミングであれこれ言いたいことはあるけど、あえて「ごめんなさい」を言うと決めている人。「失恋したり、振られた後の私は強い」とか、大きな自分の運のパターンを知っている人もいたりします。極端な例だけど、「自分のプライドより、運が良くなっていく方を取る」みたいな人がこの世にはけっこういたりするのです。そういう人は、やっぱりどこかで「自分なりの運」を掴んでます。

もっと言うと、自分の運に近接する人というのは、「本来持っている、私らしい自然な私」と「本来の私は持っていない、現場で作り上げてきた私らしくない私」の両方を持っていて、その両方の「私」を行ったり来たりしている。

世間とは違う、自分の流儀を持って生きることは、もしかしたら「運の良さ」という要素においては大事なのかも知れないです。

運の受け取り方

「まったく常識ではないし、誰かに教わったわけではないんだけど、『こういう場面でこのように振る舞うと、私の運は良くなっていく気がする』」

そのような感覚って、これを読んでいる皆さんの中にあったりしますかね。何か、僕自身はすごくそこに興味があるのです。今すぐ、皆さんの「運が良くなる流儀」みたいなのを聞きたいです。

もちろん、運が良いとか、運が強いことだけが全てじゃないし、なんでもがめつく「自分にとってプラスにしていく」という考え方に抵抗を持つ人もいらっしゃると思います。だけど、やはり僕が占いという仕事に携わってきた際、「自分の運の受け取り方」を知っている人って、強運とまでは言わなくても、なんとなくピンチが触りだけで済んだとか、「え、そこにチャンスってあったの?」と周りに驚かれるような、なんか砂つぶみたいなチャンスをつかまえてきちゃったりする人もいました。がむしゃらに頑張れば「運が良くなるか」というと、ちょっと違う。それぞれの人には、それぞれの人なりの「運の受け取り方」があるんじゃないのか。

長くなってしまったのですが、「各個人によって違う、運の受け取り方」についてなんとか一冊の本にまとめられないか。それが今回、「しいたけ.の小さな開運BOOK」を書いた最大の理由になりました。

運の受け取り方の診断や分類、アドバイスなどの他に、この本では新しい書き下ろしも含めて、コラムもたくさん書きました。もしできたら、希望ですが、皆様にとって「一粒で二度おいしい本」になってもらえたら、筆者としてはこれ以上の幸せはないです。

もし良ければ、本の感想などをSNSなどで書いてもらえたら、多分ひっそりと読んでいます。では、まだまだ色々書きたいのですが、長くなり過ぎてしまうのでこの辺で。また、本の中でお会いできましたら!

しいたけ.

P.S. Amazonなどで予約スタートしているみたいです(こっそり)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ひとつの星座を購読すると500円ですが、気になる方の星座など、2つ以上読みたい方には、12星座すべて980円で読めるこのマガジンがおすすめです。

しいたけ.による、月一更新マガジンを、12星座ぶん読めるパックです。各星座の、毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォロー…

しいたけ.サロン、月額制お手紙マガジン。月額300円、単品は100円です。読者の皆さまからお手紙形式で頂いたお悩みやリクエストをもとに、しいたけ.がお返事をコラム形式で、月4回ほどお答えしていきます。

しいたけ.サロン、月額制のお手紙マガジン。読者の皆さまからお手紙形式で頂いたお悩みやリクエストをもとに、しいたけ.がお返事をコラム形式で、…

しいたけ.による、毎週1回、月4回更新のコラムマガジンです。月額500円、単品では150円です。しいたけ.が書きたかったこと、構想を温めてきたことを書いていきます。

しいたけ.による、毎週1回、月4回更新のコラムマガジンです。しいたけ.が書きたかったこと、構想を温めてきたことを書いていきます。

しいたけ.による、牡羊座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたり…

しいたけ.による、牡牛座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたり…

しいたけ.による、双子座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたり…

しいたけ.による、蟹座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたりし…

しいたけ.による、獅子座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたり…

しいたけ.による、乙女座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたり…

しいたけ.による、天秤座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたり…

しいたけ.による、蠍座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたりし…

しいたけ.による、射手座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたり…

しいたけ.による、山羊座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたり…

しいたけ.による、水瓶座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたり…

しいたけ.による、魚座のための月一更新マガジン。毎月の運勢を前半と後半に分けて占っていきます。毎月のフォローアップや細かく占いも読めたりし…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しいたけ占いのしいたけ.

いつもサポートありがとうございます。メッセージ読ませてもらっています。僕はこのしいたけ.noteが「近所の寄り合い所」みたいになってくれたらすごく嬉しくて。「あー、今日は腰が痛い」とか、そういうのでも声が聞けて嬉しいです。これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。最近は辛い物を食べてストレス発散しています。
839
占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。2014年から『VOGUE GIRL』で週間・上半期・下半期の『しいたけ占い』を連載中。近著には『しいたけ.の小さな開運BOOK』『しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢』などがあります。